メニュー

最新ニュース

スケジュール

過去ログ

リンク

IMAGE of this month


なんだかあっという間に12月ですよ。 管理人もびっくりです。 いろいろ出来事はあったけれど 乗り越えここまできたなあ~。 招く福より今回は笑って呼ぶ福ってなかんじ。 良い師走をおすごしくださいまし。

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お知らせ


ニュース

12月の例会のおしらせ

日時:12月17日(土)13:30~16:30

場所:はなももプラザ 2F 会議室-1

詳細はこちら  はなももプラザ情報はこちら

 

■先月からひきつづき大切なご連絡です。

未来楽考も今年創立5年を迎えます。それとともに会員の中にも長期欠席
の方が増えてまいりました。これまでこのような方々が再度参加される場合
の参加規定が明確になっていませんでしたので、本年1月より下記のように
明確にしましたので、お気軽に参加いただけると思います。
コーチングは長く続けることが、確実に効果が高まります。しばらくお休みの方も
是非お気軽に参加いただきたく、お願い申し上げます。
<新規定>
① 年会費を未納の場合、その年度の1月から自動的に「休会」とします
② 休会中の方が参加される場合は、「その年」の年会費(¥3000)、又は
当日の参加費(¥1000)のいずれかを選んで参加いただくことにします
③ 前項の「年会費」を納入いただいた場合、自動的に当年度から、会員に復帰できます
④ 休会中の方は会員の特典は適用されないこととします

■過去の終了プログラム


 ※「今月の例会の感想」

*自己基盤、ライフバランスについて大変重要なテーマと感じました、どう解釈するかどうしたらよいのかを考える機会になり良かったです
*自己基盤と自己肯定感の差がよくわかりませんでしたが、どちらも自分の考え方次第であると思えました。ジュガールという考え方があるという事がわかりました。今後、もう少し本などにより理解を深めたいと思いました
*ライフバランスホイールについては前回との比較で自己評価が厳しくなっていることに気づきました。満足度という事への自分の方向性みたいなことを考えることができて良かったです。
ジュガールについては言葉自体への興味がわいて、こういう考え方を一語で表現できることがスゴイと思いました。いつもありがとうございます
16.12.5更新

>過去の例会の感想

未来楽考 ワンポイント!

おなじみコーチングのワンポイントです。

「ハイレゾ」(16.12.5更新)

最近よく耳にする言葉ですが、皆さんはご存知でしょうか。オーディオファンであれば聞き逃すわけにはいかない言葉ですね。
これまでとは次元の違う高音質のオーディオシステムだからです。一般に人間の耳は20KHZ(1秒間に2万回の振動数)以上は聞き取れません。
したがって従来のオーディオでは20KHZ以下の音域での音質を評価していました。30年ほど前に音楽メディヤがデジタル化されました。
専門家の間でもどちらの音質が優れているかの議論が活発に交わされていました。しかし最近になってこの違いについて科学的に解明がされてきました。
原因は脳科学の進歩と音の再生技術の進歩です。
当初は20KHZ以上の高周波を再生する技術がなかったために人間の耳が聞き取れる20KHZ以下の音域で音質を評価していました。
しかし脳科学が進歩するにしたがって、音を聴くことが脳の働きにどのような影響を与えるかという研究が進み、ここに明らかな違いがみられるようになりました。
ハイレゾは人間の耳ではとても聴き取ることのできない96KHZまでの音を再生できます。このような高周波の音を聴くとα波が脳の広い領域で活発に発生することがわかりました。
しかもそれは聴き始めてから1分後くらいから次第に増加し、聞こえなくなってからも2分近くは持続することがわかってきました。α波はご存じのように人間がゆったりとした心地よさを感じているときに発生する脳波です。
耳が音を認識できなくても、脳は確実にその影響を受けていることが明らかになりました。もしかしたら耳だけで音を聞いているのではなく、例えば皮膚からも聴き取っているのかもしれません。
数日前にテレビで「ぶらり途中下車の旅」というのをやっていましたが、埼玉県の比企郡ときがわ町というところで地元の和紙「細川紙」を使って手作り蓄音機を作っている人がいました。
レポーターがその音を聞かせてもらったとたんに鳥肌がたってきたと言って両腕を撫でていました。音源はLPレコードですし、大きなスピーカーコーンは手作りの和紙製です。
高周波が一杯含まれていることが推測されます。
昔から肌が合うとか合わないという表現があります。言葉には表現できない何かを感じた時に使う表現です。
何が原因かはわかりませんが、高周波もその一つかもしれません。心のケアの一つに「音楽療法」というものもあります。
ハイレゾが心のケアにつながるのかもしれません。想像が膨らんできます。

>過去の一口メモ