メニュー

最新ニュース

スケジュール

過去ログ

リンク

IMAGE of this month


管理人です~。暇なのでネコさんきれいに描いてみた! まあ今回もそんなに頑張ってないですけど(笑) いま意識してることは『ゆっくりやってみる』です! ゆっくりご飯つくる。ゆっくり歩く。ゆっくり本を読む。 時間だけはあるし、家から出なくてもできるし。 もしかしたらこの時間は貴重な何かになるかも・・ なんて一年後お互い言えるように・・・(^^)

カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

お知らせ


ニュース

 

未来楽考5月例会、休会のお知らせ

未来楽考の皆さん、おはようございます。
コロナ対応は問題ありませんか。
本来ならば5月例会のお知らせですが、残念ながら5月もお休みとなります。
先日、はなももから「5月末まで休館」の知らせがありました。
政府の「緊急事態」も延長されるようです。もうしばらく辛抱して頑張りましょう。

 

■大切なご連絡です。

新規の参加者が増えた一方で継続会員の中にも長期欠席の方が増えてまいりました。これまでこのような方々が再度参加される場合の参加規定が明確になっていませんでしたので、平成27年1月より下記のように明確にしましたので、お気軽に参加いただけると思います。
コーチングは長く続けることが、確実に効果が高まります。しばらくお休みの方も是非お気軽に参加いただきたく、お願い申し上げます。
<新規定>
① 年会費を未納の場合、その年度の1月から自動的に「休会」とします
② 休会中の方が参加される場合は、「その年」の年会費(¥3000)、又は
当日の参加費(¥1000)のいずれかを選んで参加いただくことにします
③ 前項の「年会費」を納入いただいた場合、自動的に当年度から、会員に復帰できます
④ 休会中の方は会員の特典は適用されないこととします

■過去の終了プログラム


 ※「今月の例会の感想」

未来楽考再開の際はまた復活します。

>過去の例会の感想

未来楽考 ワンポイント!

「存在を認める」(20.5.05更新)

日本のコロナの問題は感染爆発の恐れが薄れ、終息へのかすかな希望が見えてきました。
「3蜜」を防ぐことの効果が少しづつ実績として表れてきているように見えます。
そんな中、このG.Wに向けては全国的な規模で不要不急の外出自粛が一段と強く打ち出されました。パチンコなど一部の業種は具体的な休業要請が出されました。多くの国民がこれに賛同し、あるいは止む無しとして要請に応じましたが、一部の店舗は営業を続け非難を浴びています。またそこを訪れる客に罵声を浴びせたり、他県ナンバーの車にイタズラをしたりするといった事件も発生しています。それらの経営者や客たちのインタビューを聞くと「自宅にこもりっきりではストレスがたまる」とか「自己責任の問題。自分は罹っても構わない。」「営業を続けなければ給料も払えない。誰が保証してくれるのか」などという反応が報道されています。
この様子を見ていると、正直なところ「そこを乗り越えて辛抱しなければならない事態だということがわからないのか」と言いたい気持ちになります。車に傷をつけるなどの行為は論外として、彼らを非難する人の気持ちは十分に共感できます。
しかし、その状況をどう考えるかという記者の質問にある自治体の首長さんは、「協力に従わない人たちを非難したり、いたずらをすることはやめてください。彼らは考え方が違うのです。」と答えていました。
思いもかけず聞いた「考え方が違う」という言葉にハッとさせられました。
コーチングの基本的な考え方に「存在承認」ということがあります。この言葉の重要な意味の一つが「違う考え方をする人もその存在を認める」ということです。排除せずに理解しあえるまで話し合うということが大切だと学んできました。
この首長さんは、営業を強行している店舗の名前を公表し、さらに「休業要請」ではなく「休業指示」まで出しています。おそらくこの非常事態をいまだ理解せずに協力を得られない人たちを非難したい気持ちは一杯あることでしょう。しかし「彼らを責めてはいけない」と言っているのです。コーチング的に言っても模範解答です。
確かに、彼らが協力しない理由を想像してみると、そもそもニュースを知らない、コロナウィルスの怖さを軽く見てる、従業員との特別な約束がある、資金繰りの行きつまりが恐ろしい、保証もないのに協力なんかできない、などなどか数えきれないほどの理由があり得ます。
だとすればそれらについて、話し合い、理解をしあうことの必要性も見えてきます。
皆さんはこのことについてどのように思いますか。そしてどのように考えますか。そしてどのように行動しますか。
僕自身ももう少し時間をかけて考え方を整理してみたいと思っています。

>過去の一口メモ