メニュー

最新ニュース

スケジュール

過去ログ

リンク

IMAGE of this month


管理人です!チョコ大好き!(笑) 最近「しないことリスト」を作っています。 することじゃないんだ・・(笑) 「毎日これをしないっていうものを書いてみる」 そそ、書いてみるだけでも効果はあるみたいです。 まずは心をできるだけ軽く・・ 体重も軽く(^^)うふふふふ(笑)

カレンダー

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

お知らせ

ニュース

2月の例会 休会のお知らせ

コーチングに関心をお持ちの皆様

茨城県の緊急事態宣言の延長が決まり、会場のはなももプラザも2月末まで休館の通知がありました。
残念ながら、未来楽考の2月例会も休会とします。
3月の開催できることを願っています。
あと一頑張りです。もう少し辛抱して頑張りましょう。

未来楽考代表 長谷川 英輔

■大切なご連絡です。

新規の参加者が増えた一方で継続会員の中にも長期欠席の方が増えてまいりました。これまでこのような方々が再度参加される場合の参加規定が明確になっていませんでしたので、平成27年1月より下記のように明確にしましたので、お気軽に参加いただけると思います。
コーチングは長く続けることが、確実に効果が高まります。しばらくお休みの方も是非お気軽に参加いただきたく、お願い申し上げます。
<新規定>
① 年会費を未納の場合、その年度の1月から自動的に「休会」とします
② 休会中の方が参加される場合は、「その年」の年会費(¥3000)、又は
当日の参加費(¥1000)のいずれかを選んで参加いただくことにします
③ 前項の「年会費」を納入いただいた場合、自動的に当年度から、会員に復帰できます
④ 休会中の方は会員の特典は適用されないこととします

■過去の終了プログラム


 ※「今月の例会の感想」

1月の例会が中止のため感想掲載はございません。

>過去の例会の感想

未来楽考 ワンポイント!

「不安」(21.02.08更新)
もしなんでも望みが叶うとしたら、あなたはどんな幸せな人生を思い描きますか。
最近「スマホ脳」(新潮文庫)という本を読みました。
ご想像の通りスマホの使い過ぎは脳に悪影響を及ぼすという警告本です。
詳しくは本を読んでいただくこととして、ここではこれまであまり考えてこなかった新しい考え方が紹介されていましたので、簡単にご紹介します。
日本の社会はすでに高度成長期を過ぎ、成熟期に入っていることはご存じのとおりです。
敗戦後の何もない時代から、今や欧米並み、あるいはそれ以上の豊かな暮らしを手に入れました。
しかし多くの国民は「幸せ」になったとは感じていません。「きっと幸せになれると信じて頑張ってきたのになぜだろう」「本当の幸せとは何だろう」などと考え始めているように見えます。
「スマホ脳」の著者の理論の基礎は「進化論」です。人間は何万年もかけて「哺乳類」から「類人猿」にそして我々の属する「現代人」へと進化してきました。現代人とはいえ、つい2000年から3000年前まではほとんど野生動物と同様の生活をしていました。コロナウィルスのような単純な生物は数か月で環境に適応するように変異するようですが、高等動物になるほど環境に適応するためには時間がかかります。3000年前には野生動物だったとはいえ、「中国4000年の歴史」などという言葉があるように、すでに「現代人」は完成していて、人間の本質は変わっていません。種の進化は何万年も何十万年もかかるものです。100年ほど前の産業革命以来、科学技術は急速な発展を遂げました。中でも最近40~50年、さらに最近10~20年、その発展はますます加速しています。すでに私たちの身の回りでは、これまで人類が経験したことがない環境が生まれています。スマホはその最たるものです。1日何時間もスマホとにらめっこなどということは自然界にはあり得ない状況です。適応法などわかるわけもないのです。
進化論の考え方によれば、人間は「不安の中で生きることが得意である」はずです。野生の生活は絶えず敵や他の野生動物、自然災害などの危険にさらされていました。
今、森の中のウサギや小鳥など可愛い小動物を見るといかにも生き生きと幸せそうに見えますが、よく観察していれば、絶えず細心の注意を払っていることがわかります。人間に限らず「生きる」ということは、そういうことなのでしょう。小鳥たちはいち早く「逃げる」ことが最善の安全策ですが、大脳新皮質を発達させた人間は、心身共に複雑高度に発達させながら環境に適応してきました。その成果がすぐれていたために、あらゆる生き物の頂点に立ちこの地球を支配する立場に到達立ったというわけです。
いわば「不安を解消することの達人」ですが、それでは人間にとって「幸せ」とは何でしょうか。
それは不安のように絶えず周囲に生まれるものではなく、また手元にいつも残るものでもありません。幸せとは不安を解消できたときの一瞬だけ味わえる「安心」や「快感」であることが論理的に理解できます。
私たちは幸せを求めて多くのものを手に入れてきましたが、その考えは全く誤った考えであることがはっきりしました。
幸せは何もしないですぐに手を伸ばせばそこにあるものではありません。
目の前に現れた「不安」に押しつぶされることなく、上手に解消し安心や快感を手に入れる、このことこそが幸せを繰り返し手に入れる方法といえます。
人間の幸せとは何かという問題についてずっとモヤモヤしていましたが、スッキリ整理できた感じがします。皆さんはいかがでしょうか。

>過去の一口メモ