メニュー

最新ニュース

スケジュール

過去ログ

リンク

IMAGE of this month


秋の風情が感じられる今日この頃 いかがおすごしでしょうか? 管理人はあいかわらず食欲がおさまらず 元気です(笑) 秋は美味しいものが沢山実りますね。 いい実りを自分にも感じたいものですなあ・・・

カレンダー

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お知らせ


ニュース

9月の例会のおしらせ

日時:9月24日(土)13:30~16:30

場所:はなももプラザ 2F 会議室-1

詳細はこちら  はなももプラザ情報はこちら

 

■先月からひきつづき大切なご連絡です。

未来楽考も今年創立5年を迎えます。それとともに会員の中にも長期欠席
の方が増えてまいりました。これまでこのような方々が再度参加される場合
の参加規定が明確になっていませんでしたので、本年1月より下記のように
明確にしましたので、お気軽に参加いただけると思います。
コーチングは長く続けることが、確実に効果が高まります。しばらくお休みの方も
是非お気軽に参加いただきたく、お願い申し上げます。
<新規定>
① 年会費を未納の場合、その年度の1月から自動的に「休会」とします
② 休会中の方が参加される場合は、「その年」の年会費(¥3000)、又は
当日の参加費(¥1000)のいずれかを選んで参加いただくことにします
③ 前項の「年会費」を納入いただいた場合、自動的に当年度から、会員に復帰できます
④ 休会中の方は会員の特典は適用されないこととします

■過去の終了プログラム


 ※「今月の例会の感想」

*初めて参加させて頂き、大変興味深く思い、また参加したいと思いました。ありがとうございました。

*コーチングというものがよくわからなかったが、今日来て話を聞いてよくわかって良かったです。次の機会も参加したいです。

*今日はやる気スイッチの入れ方で、何とかやる気が出せそうな気がしてきました。相手の中に素晴らしい人類がいる、とんでもない能力をもっている事を学びました。

>過去の例会の感想

未来楽考 ワンポイント!

おなじみコーチングのワンポイントです。

「スマホ断ち合宿」(16.9.1更新)

夏休みも終わりに近いある日、瀬戸内海の無人島で「スマホ断ち合宿」なるものが開催されたことがテレビで紹介されていました。
10人ほどのスマホ依存又はそれに近い中学生が親の勧めでしぶしぶ参加したとか。
無人島とはいえ、宿泊施設などは整っており、某大学教授のプログラムに沿ったまじめな企画で4日間行われました。
スマホを取り上げられた子供たちは、終日自然に親しむ各種のグループ活動が行われる中で、夕食後に1時間だけ「スマホ小屋」に行って自由にスマホを扱うことができる時間があります。
どうなることかと思ったら、なんとほとんどはスマホ小屋に行かず、みんなでゲームなどをしてにぎやかに楽しんでいました。これを見て個人的にはちょっと安心しました。
しかしA君を含めた3人が時間一杯ゲームをやっていました。
2日目はそのうち一人がスマホ小屋に来ず、みんなと一緒に過ごしました。
3日目はまた一人スマホ小屋に来ず、結局A君一人がスマホ小屋にきました。
この間A君はインタビューに答えて「ゲームを一度やめてしまうと溜まったポイントがなくなっちゃうからやめられない」とか「人は人、自分は自分だから・・・」などと言っていました。
A君は事前のアンケートで1日のスマホ使用時間に何と「24時間」と書いてあり、普段家族が話しかけても返事は上の空、食事も自分の部屋へ持って行ってスマホ、お父さんが心配してドアを開けて「もう寝たのか」と声をかければその時だけスマホを切って、「もう寝た」といい、お父さんが下りてゆけば、またベッドの中でスマホという生活をしていました。
その様子は素人目にも「依存症」と考えられる状況です。
しかし最終日も一人でスマホ小屋に現れたA君はわずか5分ほどでスマホをやめ、みんなの元に戻ってゲームに参加し、はじけるような笑顔になっていました。
これぞコーチングの本質です。プログラムでは一切スマホを止めようなどとは教えていません。ただ、スマホのない生活を体験させているだけです。
人は行動が変わると考え方も変わってきます。コーチングで行動を起こすことを求めるのはそのためです。
最後に参加者の感想が誓いの言葉などと一緒に紹介されましたが、スマホ以外の楽しみがあることを知って、スマホを減らしたい、コントロールできるようにしたい、スマホ以外の趣味を見つけたいなど皆さん驚くほどはっきりと気づきを得たようすで、安心しました。
自らの体験を通じて気づきを得、自らの変容ができたという経験は彼らの大きな財産になるでしょう。数か月後にフォローアップのプログラムがあるそうですが非常に楽しみです。

>過去の一口メモ