メニュー

最新ニュース

スケジュール

過去ログ

リンク

IMAGE of this month


管理人でーす。あと今年も2か月きりましたね。 朝ドラをみていて以前ヒロインがライバルから『強欲な人ね』的なセリフを浴びせられていたのを思い出しました。 欲はアウトプットしてみて『強弱』がわかるものです。(笑)悶々としてるだけじゃ本当にどうしたいのかなんてわからないのです!(笑)カッコつけないで自分の欲求をアウトプットしてみませんか?

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

お知らせ

ニュース

皆様、こんにちは。

日頃、未来楽考にご関心をお持ちいただきありがとうございます。
早速ですが、先にお知らせいたしました下記の11月例会につき、
コロナ感染拡大のため急遽休会とすることにいたしましたので、よろしくご了解
ください。併せて12月例会についても、年末年始のご多忙や医療機関の休診など
諸条件が厳しくなることを考慮し、休会とすることにいたしました。併せてご了解ください。
尚、何かご不明な点がございましたら、下記問い合わせ先まで、お気軽にご連絡ください。
以上よろしくお願い申し上げます。

問合せ先 未来楽考代表 長谷川英輔
TEL  090-8046-3463
e-mail eisukehsg@hotmail.com
HP:http://www.miraigakko.net/

 

■大切なご連絡です。

新規の参加者が増えた一方で継続会員の中にも長期欠席の方が増えてまいりました。これまでこのような方々が再度参加される場合の参加規定が明確になっていませんでしたので、平成27年1月より下記のように明確にしましたので、お気軽に参加いただけると思います。
コーチングは長く続けることが、確実に効果が高まります。しばらくお休みの方も是非お気軽に参加いただきたく、お願い申し上げます。
<新規定>
① 年会費を未納の場合、その年度の1月から自動的に「休会」とします
② 休会中の方が参加される場合は、「その年」の年会費(¥3000)、又は
当日の参加費(¥1000)のいずれかを選んで参加いただくことにします
③ 前項の「年会費」を納入いただいた場合、自動的に当年度から、会員に復帰できます
④ 休会中の方は会員の特典は適用されないこととします

■過去の終了プログラム


 ※「今月の例会の感想」

*コーチングの3原則について学びました。コーチングは傾聴が大切と思っていましたが、
インタラクティブ(双方向)が大切だと知りました。また自己開示が必要だと知りました
*改めてコーチングの3原則をやってみて、コーチングの継続の大切さを感じました。
*何気ない会話でも、役に立つこともたくさんあると実感しました

>過去の例会の感想

未来楽考 ワンポイント!

「出生前検査」(20.11.01更新)

数日前、新聞紙上に「出生前検査・・」の記事がありました。医療機関によるこの検査の扱い方に関する、今後の方向に関する内容であったと記憶します。
皆さんご承知のように近年の医療技術は驚くべき速さで発展しています。いろいろ要因はあると思いますが、遺伝子解明の進展が大きな要因の一つであることは間違いないでしょう。遺伝子にはすべての生き物の生命活動に必要な情報やプログラムがすべて組み込まれています。人間の遺伝子も例外ではありません。数年前に人間の遺伝子がすべて解読されたというニュースが流れましたが、これは単に配列が解読されただけで、その働きは未だごく一部しか解明されていません。それでも解明された部分の実用化は急速に進んでいます。出生前検査もその例外ではなく、技術的には遺伝性疾患のみならず、肉体的、心的な資質や一部の才能なども判定することが可能になってきています。マラソンに適しているか短距離に適しているか、適性がわかるという研究報告もあります。
一見素晴らしいことに見えますが、実は「人間の尊厳」にかかる重大な判断を一般市民に迫ることにつながってゆきます。現在も検査で重大な問題が発見された場合には、一定の手続きを経て、中絶処置が認められることがあります。しかし今後遺伝子解明が進めば、さらに詳細な情報が読み取れるようになります。例えば赤ちゃんの人生にかかわる重大な遺伝性疾患の種類や発症確率がさらに詳細にわかってくるでしょう。もし発見された場合、「発症確率は90%」とされたとき、私たちはどのように判断するのでしょうか。誕生後の赤ちゃんの人生を考えた場合に中絶を選択することが適切のようにも見えますが、逆に合法的とはいえ、10%の確率で健康な赤ちゃんの「命を奪う」結果にもなりかねません。
数年前に中国の研究者がクローン人間を作ることに成功したというニュースが流れ世界中を驚かせました。事の真偽は忘れましたが、技術的にはすでに人工的に新しい生命体を作ることが可能になってきていると聞きます。45億年の地球の歴史の中で生まれたことのない生物が人工的に誕生するということです。このことについて私たちはどのように考えたら良いのでしょうか。
法律が改正されて、特定な検査や研究は禁止されるかもしれませんが、技術が進めば闇の研究が横行するようになります。
今、テレビで「DX」、デジタルトランスフォーメーションについて解説されています。ビジネスのIT化が進展していることはご存じのとおりですが、このコロナ禍の影響で、今年は例年の5~6倍の速度で浸透しているとか。
テレワークやリモート会議のメリットデメリットの議論が始まっていますが、こちらの分野でも同様な難しい問題が起きることは明らかです。
命とは何か、人間とは何か。倫理とは何かなどなど、一般の人がこれまで考えたこともない難しい課題が突きつけられる時代はすぐ目の前に来ています。今から練習しておかないと間に合わない感じがします。どんな練習をすればよいのでしょうか。

>過去の一口メモ