メニュー

最新ニュース

スケジュール

過去ログ

リンク

IMAGE of this month


「完璧と罪悪感」 管理人でーす。毎年年末はやってくるるるる♪のですが 新年を迎えるのはいろいろ楽しくもありますよね。 呑んだり飲んだり食べたりねっつ!うふふ 完璧と罪悪感について良く語られますが この二つは最強なんですよ。コントロール力強いです。 多分勝てる人はいません。だから戦わないこと。 戦わなければ勝ち負けはないのです。あとは時々負けることも・・ここ大切(^ω^)

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

お知らせ


ニュース

11月の例会のおしらせです
今年もあとわずか。心や身体や環境を整えましょう~!

日時:11月30日(土)13:30~16:30

場所:はなももプラザ 会議室―1

詳細はこちら  はなももプラザ情報はこちら

■大切なご連絡です。

新規の参加者が増えた一方で継続会員の中にも長期欠席の方が増えてまいりました。これまでこのような方々が再度参加される場合の参加規定が明確になっていませんでしたので、平成27年1月より下記のように明確にしましたので、お気軽に参加いただけると思います。
コーチングは長く続けることが、確実に効果が高まります。しばらくお休みの方も是非お気軽に参加いただきたく、お願い申し上げます。
<新規定>
① 年会費を未納の場合、その年度の1月から自動的に「休会」とします
② 休会中の方が参加される場合は、「その年」の年会費(¥3000)、又は
当日の参加費(¥1000)のいずれかを選んで参加いただくことにします
③ 前項の「年会費」を納入いただいた場合、自動的に当年度から、会員に復帰できます
④ 休会中の方は会員の特典は適用されないこととします

■過去の終了プログラム


 ※「今月の例会の感想」

*自分自身を見つめ直す良い機会をいただきました。ありがとうございました。日にちの都合がつくようでしたら引き続き勉強したいと思います。よろしくお願いします。

*自分本位に生きるというイメージがよくなりました。自分を大切にします。

*本日の「28の引き寄せの原理原則」を受講し、改めて自分本位(自分を許すこと)に見つめ直すことを考えさせられました。自分本位、それを視点を変えてみることも面白く学びにつながりました

>過去の例会の感想

未来楽考 ワンポイント!

「アスリートとビジネス能力」(19.11.04更新)
私たちの子供のころは勉強とスポーツは二者択一の世界でした。勉強のできる子は運動が苦手、運動が得意な子は勉強ができないというのが一般的な見方でした。当時日本でプロスポーツといえば野球と相撲くらいしかなく、世界を見てもオリンピックにはプロの選手の参加できない時代でした。その後米国を中心にプロスポーツが盛んとなり、高額の収入を手に入れるヒーローが次々と生まれてくると、スポーツに対する見方も次第に変化して来ました。それでもなお「スポーツの技術や能力は一般のビジネス社会では役に立たない」という社会一般の思い込みは今でも相当残っているように見えます。
しかし実際会社に入ってみると優秀な大学を出た人でも仕事ぶりは今一つの人、一方大企業でありながら高校卒でも偉くなった人などを目の当たりにして、知識重視の入試や採用活動が行われている状況に疑問を感じざるを得なくなってきました。それでもなお「評価を実力主義で、適切に行うべき」と考えるだけで、本質的には変わってはいませんでした。
明らかに見方が変わったと自覚したのは、恥ずかしながらホンの10~20年前、コーチングの勉強を始めてからです。
スポーツの世界では昔から「体で覚える」ことの大切さが説かれてきましたが、実はこれはスポーツに限られたものではなく、人にとっての本当の学びはすべて体験から学ぶものであるということをコーチングや脳科学などを通じて、学習しました。
数日前にNHKのニュースで、多くの企業が本格的にスポーツ経験者のビジネスマネジメント能力を再評価し始めたということ報道がありました。
各種の調査研究の結果、彼らは目標設定や達成のための計画立案、達成意欲などいわゆるビジネスの基本と言われる「PDCA」を推進する能力が非常に高いことが判明したとのことです。
実務の世界では、何らかの行動によって顧客にその成果を提供しなければビジネスにはなりません。実際に仕事をしてみると知識や技術よりも、目的は何か、何をすべきか、どのような方法でやるか、どんな人の協力が必要か、どれだけ辛抱できるかなど、課題設定や解決能力が極めて重要なことがわかります。我々の抱える問題の80%以上は「人間関係」である、という言葉もあります。
知識や技術は比較的容易に手に入れることができますが、問題設定や解決能力、意欲は練習が必要です。すぐに手に入れることはできません。
ニュースの結びは、アスリートも自信をもってスポーツに集中するようにとのことでした。これは「アスリートでも心配ないよ」とも聞こえますが、私はもう少し踏み込んで、アスリートが鍛えた目標達成のためのマネジメント技術こそ、ビジネス世界が求める能力と言いたいです。
いうまでもなくこのことはスポーツばかりでなく、音楽、工芸技術、など体を使って技術を高めるすべての分野について当てはまることです。

>過去の一口メモ